外壁塗装をすべきタイミング

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

「外壁塗装をするのに最適なタイミングっていつ?」

と疑問に思われる方は多いかと思います。


外壁塗装は頻繁に行う訳ではないため、

一番いいタイミングに工事をしたいですよね。


そんな人のために、外壁塗装に最適なタイミング

の目安についてお話させて頂きます。


外壁塗装に最適なタイミングを選ぶ理由

外壁塗装はメンテナンスもせず放置していると当然劣化をします。

劣化を防ぐために塗替えをしなくてはいけないのですが、

塗替えをする時期を間違えると、劣化を進行させてしまい、外壁材の寿命が縮んだり、補修費用がお見積りよりも高額になってしまうケースもあります。


そのため、外壁塗装の時期を見極める方法としては

大きく分けて「築年数」と「劣化状況」の2つと言えます。


外壁塗装に最適な時期の目安は築10年

外壁塗装に適している年数は「築10年」または「前回の塗装工事から10年後」です。

ただし、「年数」は目安でしかありません。

外壁塗装に最適な時期を見きわめる確実な方法は「劣化状況」で判断することです。


外壁塗装が必要な劣化状況の目安

1. チョーキング

2. ひび割れ

3. 塗膜のふくれ、ハガレ

4. シーリングのひび割れや破損

5. 外壁の破損


上記の症状を判断できるようになれば、外壁塗装をする最適な時期を見極められますが、

素人では判断できない状況がほとんどなので、無料の現地お見積りなどを使用しましょう。


1.チョーキングとは

チョーキングとは、外壁の塗料が劣化して粉末状になる症状です。

外壁の表面に白い粉が確認できたらチョーキングが発生しています。


外壁を保護する機能が失われつつあるため、チョーキングが見つかったら外壁塗装を検討してください。


2.ひび割れ

外壁の塗装や下地材がひび割れてしまっている症状です。

ひび割れの隙間から水分が侵入して雨漏りを引き起こしたり、ば腐食に繋がるので外壁材を劣化させる原因となります。

ひび割れは、コーキングやモルタルで穴埋めをして塗装する工法が一般的です。


3.塗膜のふくれ・ハガレ

塗装をした膜を「塗膜」と言います。

塗膜が不自然にふくれあがっていたり、はがれていたりしたら塗替えをする時期です。

例えば、ふくれの場合は、内部に水や空気が入り込んで塗膜が剥離しています。

乖離していると、塗装が外壁を保護する役目を果たしていないため早急に塗替えが必要です。


4.シーリングのひび割れや破れ

シーリングとは、サイディング外壁や窓の隙間を埋めるゴム状の外壁材の事です。

シーリングが劣化するとひび割れが起こるため、外壁材の内部が紫外線や雨に侵食されやすくなります。紫外線や雨の浸食が進むと塗装の本来の性能が発揮されず、

塗料の耐久年数が短くなってしまう可能性もあります。

シーリングがひび割れていたり破損したりしている場合は、「増し打ち」や「打ち替え」といった専門的な補修が必要となりますので施工業者にお願いする事をお勧めします。


5.外壁の破損

サイディングやモルタルの外壁が欠けていたり、金属部に穴があいていたりする場合は修繕が必要です。外壁の破損は塗装だけでは補修ができないため、交換が必要なケースが多いです。