タイトルが入ります。

サブタイトルが入ります。
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

地域での施工実績が豊富

地域に密着しているという「責任感」の強さ
塗装工事は、ローラーとハケ、ペンキがあれば、
日本中どこでも施工を行う事ができます。
実際に現場を次から次に様々な地域を回っている
会社や職人もいるくらい、人と道具があれば何とかなるのが塗装という仕事です。
 そのため「品質不良で悪評が回った」としても、 
こうした業者はその地域に留まらず、新しい現場が
ある地域に行って施工を行えばいいのです。 
お客さんが業者に連絡をしても、連絡がつかず、誰が塗装をしたのか分からない。どんな塗装をしたのかもわからないため対応に手間がかかったりやろうとする業者も少なく、お客様は泣き寝入りするしかありません。
こうならないためにも地元での施工実績が豊富な「地元密着の塗装会社」に頼むのが安全です。 
何かあったらすぐに現場へ行ってくれるのかどうか?
少しでも不安な事があったら親身に話を聞いてくれるのかどうか?どんなにホームページで良い事が書いてあっても、安かったとしても、困った時に対応してくれるかどうかを見極める事が最も大切です。

技術と経験、そして資格について

私達に在籍する「1級塗装技能士」は国家資格です。
資格をもっていなくとも塗装工事はすることができます。
なので誰でも「塗装職人」と名乗れる事ができるのです。
そのため塗装の資格を持っているかどうかで安心できる塗装会社、腕のいい職人を見分ける一つの判断材料になりますので確認してみて下さい。 
一級塗装技能士…7年以上の実務経験者 
二級塗装技能士…2年以上の実務経験者
のように、塗装技能士とは、塗装に関する十分な技術と能力を有していることを、
厚生労働省によって認定される国家資格となっています。 
塗装技能士の資格は「1~3級」に等級が分けられています。 また、一言で「塗装」といっても何を塗装するかによって求められる技術や知識が異なるため、塗装技能士の資格は、すべての塗装職人が必ずしも持っているとは限らないのです。 「実技試験」と「学科試験」に合格した職人のみが「塗装技能士」なのです。 
ハウスケア静岡にはこの1級塗装技能士がいます。
塗装の事でお困りの際にはどんな事でもお答えしますので、まずはご相談下さい。

セールスにもご注意下さい

下記①~④の中から、2つにあてはまったら要注意!
①高額な見積りや請求を提示してくる 
・塗料の単価の記載がない
・見積内容が一式だらけ
・見積りの根拠を示す現場写真がない
②作業の工程、塗料の質や量を偽装する
・調査が10分程度で終わる
・目視のみ
・作業風景や現場の情報開示がない
③商談を無理やり成立させる、急かす
・質問をごまかされる
・契約を急かされる
・断ろうとすると横柄な態度となる
・金額の話しかしない
・足場代無料を持ちかけてくる
④突然の訪問、訪問時に言いがかりをつけてくる
・キャンペーンで安くできますしか言わない
・突然訪問し無料診断ができると言ってくる
・弊社のモニターで安くできますと言ってくる
・無料で修理をしますと新設を装う
項目を追加

塗装会社の選び方について

塗装工事は電化製品や車などとは異なり、費用が定まっている製品は塗料だけとなります。
工事が完了して初めて製品になるので、製造過程が異なれば自ずと金額に差が出ることになるのです。 
複数社にお見積りを出すと「作業自体にあまり違いが見えないけど費用が全然違う」といった声も多いのが事実です。
では、どういった基準で塗装会社を選べばいいのかをお伝えします!