外壁塗装の色選び

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。


外壁塗装を考えた際に、悩むのが「色」だと思います。

実際に塗り替えた後で、「イメージと違った」「汚れが目立つ」などがわかることも良くあります。

外装の塗り替えは十数年ごとに行うことが多く、1回塗装してしまうと簡単には色を変えられないため、慎重になるのも当然のことです。イメージ通りの外観に仕上がり、周囲の景観にも調和して、きれいな状態が長続きする。どうすればこのような満足のいく塗り替えができるのでしょうか。


住宅塗装の色選びでよくある失敗

住宅の外観を塗り替える際によくある失敗は、色合いのコーディネートの問題と色の変色や汚れの問題に分けられます。色合いのコーディネートの問題では、カタログで見た時と実際の塗装では色の濃淡が微妙に異なり、「気に入って選んだ色だったはずなのに、住宅塗装に使ったらイメージと違う」となることは少なくありません。

また、それぞれよいと思って選んだ色合いでも、屋根と外壁の色合いがちぐはぐな印象になってしまう場合もあります。さらに、家自体の色合いは思ったとおりであっても、「周りの風景から浮いてしまう」「周りの風景に溶け込みすぎて印象が薄い」という印象を受けることもあります。

そうならないために、下記の点に気をつけて下さい。


1.屋根との相性を考える

家の外観は、屋根と外壁でほとんどを占めているため、屋根の色と合うことを考えて色を選びましょう。または、外壁に合わせて屋根を塗り替えることも可能です。

また、忘れがちですが、サッシや玄関ドアとの色の相性も忘れずに考えておきましょう。


2.希望の色の外壁を塗っている家を見る

色をカタログから選んだ場合と、実際に広い面に塗った場合、かなりイメージが変わってきます。

そのため、希望の色で塗っている家があったら見ておくと参考になります。


3.ツヤの具合を考える

外壁塗装は、ツヤの出し方でもイメージが大きく変わります。

塗料によって異なりますが、ツヤの出し方は、ツヤ消し・三分・五分・七分から選ぶことができます。


住宅をよい状態に保つためには、美しい外観を維持することが難しい色があることにも気をつけましょう。例えば白や黒などは泥やほこり、カビが目立ちやすいため薄汚れた印象になってしまうことがありますし、赤や紫など紫外線を吸収してしまう色は他の色に比べて色あせしやすいために古ぼけた印象を与えてしまいます。

近隣の建物とのバランスやカラーシュミレーターなどを用いて

失敗しない色選びをしてみて下さい。