外壁塗装の保証について

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

外壁塗装の施工業者を探している際に、HPなどでよく「保証」とった言葉を

目にする事が多いかと思いますが、実際にこの「保証」とは何か?

今回は「保証」について簡単にご説明をさせて頂きます。


外壁塗装の保証は大きく分けて、

「自社保証」と「団体・組合保証」があります。


自社保証とは…

外壁塗装業者が自社で保証するもので、独自保証、オリジナル保証などとも呼ばれています。地域密着型で定期的に外壁の様子をチェックしてくれ、補修が必要か等アフターフォローをしてくれる親切な業者もあれば、「自社保証」を謳う割には保証内容がほとんどないようなものを勧めてくる悪徳業者もあります。つまり、自社保証は業者によって内容にばらつきがあるので、特に保証対象をしっかり確認しておく必要があります。


団体・組合保証(第三者保証)とは…

外壁塗装業者が加盟している団体や組合の保証制度を利用できる仕組みです。この場合、万が一外壁塗装業者が倒産してしまったとしても、その業者が加盟していた団体や組合の保証を受けることができるので、消費者にとって安全な制度です。組合・団体保証は、外壁塗装業者の施工内容を第三者機関がきちんとチェックしたうえで保証書を発行するので、一定の品質の施工を受けられることにもなり、信頼できる保証です。様々な団体や組合があるので、施工業者にどこの団体に加盟しているか確認しましょう。


何よりも大切なのは『塗装の保証』をしてくれるかどうか。

外壁塗装業者自身が出していた保証の場合は、塗装業者が倒産後、その保証は無効となります。しかし、団体や連盟に加入している保証に関しては塗装業者の倒産後であっても保証が受けられます。

また、外壁塗装後の保証内容についても、外壁塗装業者やその業者が加入している団体によって異なるので、契約前に施工業者にしっかり確認しておくことが大切です。塗装工事の契約前に保証書を発行してもらって、必ず目を通しておきましょう。わからない点があったら施工業者に確認し、「どのような不具合を保証してくれるのか」をきちんと把握しておくようにしましょう。


例えば、保証の部分に関しては「壁の塗装のみ」に限定されているケースがほとんどです。なぜなら、外壁から塗料が剥がれ落ちることは滅多になく、剥がれ落ちる不具合が発生するのは木部や鉄部が多いためです。そのため、木部と鉄部を保証してくれるものは良い保証だと言えます。

塗装の状態については、「塗膜の剥がれのみ」保証するものがほとんどです。外壁は直射日光などによる多少の変色は避けられないため、色の変化は保証対象外となることが多いです。

保証の内容を確認する際には「どの部分を保証してくれるのか」「塗装のどのような状態を保証してくれるのか」「何年保証してくれるのか」などの保証の範囲を契約時にきちんと把握しておきましょう。