断熱塗装のメリット・デメリット

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

今回は断熱塗料についてお話をさせて頂きたいと思います。

家を保護する機能の一つとして、遮熱効果や断熱効果のある塗料があります。

外壁は紫外線を受けることでダメージを受けていますが、しっかり塗装をしておくことで吸収する光を抑えることができます。光を反射できれば家の中に熱がこもりにくく、家の熱が外に出にくい効果も発揮します。そんな効果を発揮する塗料として、断熱塗料と遮熱塗料についてご紹介します。

・遮熱塗料とは?

遮熱塗料は、太陽光の赤外線を反射させて家の中に熱がこもったり温度が上昇したりすることを防ぐ塗料です。家の中の温度上昇だけではなくヒートアイランド現象も防ぐことができ、夏の気温が高い地域におすすめの塗料です。

金属製の屋根・外壁を使用している場合は熱くなりやすいため、

遮熱塗料による効果が出やすくなるのも特徴です。

また、夏に快適に過ごせる効果がありながら、シリコン塗料と同じくらい安価であるのも遮熱塗料の魅力です。耐用年数は10~15年が目安です。


・断熱塗料とは?

赤外線を反射する遮熱塗料に対して、太陽光による熱を塗膜の中に溜め込むことができるのが断熱塗料です。塗膜で熱を溜め込むため、家の中に熱を伝わりにくくすることができます。

遮熱塗料との大きな違いとしては、断熱塗料には冬の寒い時期に保温効果があるという事。

外部の熱が伝わりにくいという事は、家の中の熱も逃げにくいという事なのです。

遮熱塗料と同じように金属製の屋根や外壁の場合に効果が出やすいので、夏だけではなく冬の保温効果がほしい場合にもおすすめの塗料です。遮熱塗料よりも費用は少しだけ高くなってしまいますが、耐用年数は15~20年と長くなっています。


■断熱塗装をするメリット

・夏や冬に家の中が快適になる

遮熱塗料や断熱塗料を使って外壁を塗装することのメリットとして、

夏に家の中の温度が上昇し続けないことがあげられます。遮熱塗料の場合は夏に太陽光を反射する役割だけですが、断熱塗料は冬にも保温効果があります。

夏に太陽光の影響を防ぐことができれば、家の中の温度が約2~3度違うといわれています。

2~3度という気温は、家の中での体感に大きな差がでます。

家に入ったときに夏はむわっとした暑さを感じたり、冬はひんやりした冷たさを感じたりすることがありますが、断熱塗装を行うことでそれらを防ぐ事ができるのです。


・光熱費を削減できる

夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる家であれば、冷暖房の稼働を最小限に抑えることができますが、そうでない家の場合は冷暖房を使わずに過ごせる時間が長くする事で光熱費を削減する事ができます。断熱塗装にはこうした冷暖房の稼働を長続きさせるメリットもあります。


◼断熱塗装のデメリット

・色の種類が限られる

外壁を遮熱塗料や断熱塗料で塗装する場合、色によって効果が異なる場合があります。遮熱塗料は太陽光を反射する役割があるため、白やアイボリーなどの色での効果は高いのですが、グレーや茶色、黒などでは反射率が低くなります。そのため、もともとの色が白やアイボリーだった場合は違いが分かりにくいかもしれませんが、茶色や黒などの濃い色から遮熱塗料に塗り替えた際には効果を感じやすいことでしょう。

ですが、そもそも遮熱塗料や断熱塗料には色の種類が少ない傾向があり、色の選択肢が少ないため、見た目にこだわりたい人にとってはデメリットとなるかもしれません。


・塗膜の劣化によって効果が低くなる

塗膜が劣化すると太陽光による赤外線を反射しにくくなったり、塗膜に熱を溜め込んだりする機能が衰えてしまいます。塗膜が劣化すると効果が低くなってしまうため、定期的なメンテナンスが大切なので、施工業者へ相談をされる事をお勧めします。


・ひび割れしやすい

遮熱塗料や断熱塗料は、他の塗料と比べてひび割れしやすい傾向にあります。

ひび割れが起こると割れた部分から雨水が入ってしまい、構造部分まで腐食してしまう可能性はありますので、見つけたときは業者に点検を依頼するように