【ココに気をつけて】塗装業者の選び方

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

先日お客様から塗装業者の選び方についてご相談を頂きました。


私もこの業界に長くいますが、

この手の質問、けっこう多いんです。


ネットやチラシなどの広告を使っている塗装業者も年々増え、

会社や金額の違いもどんどんわかりづらくなっているかと思います。

まだまだ一部の業者によって無理やりなセールスや施工の内容が見えない、

わかりづらいといったお客様の悩み事がつきないのが現状です。

ハウスケア静岡では初めて打ち合わせをさせて頂くお客様には、

塗装の内容はもちろん、業界や私達会社についてのご理解を頂くようにしています。


下記グラフのように、

「外壁塗装リフォーム業者は、悪徳(ボッタクリ)業者が多いと思いますか?」

という質問に対し、何らかの不信感がある人の合計が272人(全体の83.9%)もいました。

塗装会社の相談所参照

http://gaiheki-soudan.com/special/question.html


お客様の中には何件もの業者を見て、判断する方も非常に増えてきています。

塗装という仕事に誇りを持っている私達にとって、

「塗装を安心して行う事ができない」「不快、嫌な思いをした」「騙された」というお客様の声は本当に悲しい事です。


なので今日は塗装を検討している全ての方に、

「気をつけるべき塗装業者のセールス」について語っていきたいと思います。



まずは外壁塗装で悪徳業者が使う手口は以下の5つ。

・高額な見積りや請求を提示してくる

・10万円以上の値引きをする

・作業の工程、塗料の質や量を偽装する

・商談を無理やり成立させる

・突然の訪問、訪問時に言いがかりをつけてくる


次に各手口の詳細を例で出していきます


高額な見積りや請求を提示してくる

・塗料の単価の記載がない

・見積内容が一式だらけ

・見積りの根拠を示す現場写真がない

10万円以上の値引きをする

・値引き額が10万円以上

・相場の話や同業の話をしたがらない

作業の工程、塗料の質や量を偽装する

・調査が10分程度で終わる

・目視のみ

・作業風景や現場の情報開示がない

商談を無理やり成立させる

・質問をごまかされる

・契約を急かされる

・断ろうとすると横柄な態度となる

・金額の話しかしない

・足場代無料を持ちかけてくる

突然の訪問、訪問時に言いがかりをつけてくる

・キャンペーンで安くできますしか言わない

・突然訪問し無料診断ができると言ってくる

・弊社のモニターで安くできますと言ってくる

・無料で修理をしますと新設を装う


上記の中から3つでも当てはまる業者があれば注意が必要です。

塗料などの単価は業界一律で決められているわけではなく、業者ごとで単価を設定できるため、不必要に高く単価を設定すれば、それだけであなたが支払う金額は高くなっていきます。

単価はもちろん、提示された金額や作業工程を「示す根拠」はあるのかどうか?ここを一番に見ていきべきだと思います。