雨にはご注意下さい

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

いよいよ8月になりましたね。

夏は塗料の渇きも良いため、

暑さとうまく付き合う事で施工もしやすくなる季節です。

しかし、油断ならないのが雨。

梅雨も明けたかと思っていたら突然のゲリラ豪雨やタ台風なんて事も…。


ずばり!雨の日は外壁塗装をする施工業者に注意しましょう!!

一般的に雨が降ったら、屋根や外壁塗装の工事を行ないません。

せっかく塗った塗料が雨水によって流れてしまったり、塗膜に水が付いて塗膜の表面に凸凹できたり、塗膜に膨れが生じたりするからです。 しかも、実際に現場で作業する職人さんも危険です。

雨が降っている場合、足元が濡れていますから、足を滑らせて、足場から転落してしまう危険性もあり、事故防止の観点からも、中止と判断するのが一般的です。

こういった理由から、雨が降っている日でも、無理に作業をしようとする施工業者には注意したほうが良いです。

また、こういった施工業者は、塗装の仕上がりや耐久性などを無視している可能性があるからです。


ただし、雨の日だからといって、全ての塗装に関する作業ができないかと言うと、そうではありません。塗装する事はさすがに無理ですが、外壁塗装の作業には塗料を塗る以外にも様々な作業があります。

例えば、塗装の作業に入る前に、下準備をする必要があります。

具体的には、足場の組み立て作業や高圧洗浄作業の工程‥が挙げられます。

このような作業であれば、雨が多少降っている場合でも施工する事は可能です。(足場工事の場合、雨が強い場合は、無理です。)

ちなみに雨が降って工事が中断したり、

工期が延長したりする事は、天候による不可抗力と言えます。

良心的な施工業者であれば、こういった理由で工期が延びたからといって追加の工事費用を請求される事はありません。

もし、お客様が心配でしたら、工期の内容確認も、予め施工業者にしておくと安心かと思います。

また1社ではなく、2社3社と複数の施工業者へ相談する事をハウスケア静岡ではオススメしています。作業の順番や優先順位ももちろんですが、職人の腕や経験も違います。

あなた自身が最も信頼できる施工業者選びを納得いくまでしてみてはいかがでしょうか。