ローラー塗装と吹き付け塗装について

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

今回は外壁塗装の工法についてお話したいと思います。

外壁塗装にはローラー塗装と吹き付け塗装があります。


ローラー塗装の特徴

塗装の主流となっているローラー塗装はローラーを手作業で塗っていく方法で、塗膜を厚く塗る塗料は特にローラー塗装がオススメです。

メリット

・職人が扱いやすい

・塗料の無駄づかいを防ぐ

・塗料が飛び散る心配がなく、住宅密集地でも塗装が可能

・吹き付け塗装よりも養生が少なくて済む

デメリット

・手塗りのため塗装に時間がかかる

・複雑な形の塗装には不向き


吹き付け塗装よりもローラー塗装が使われる傾向にあるのは、上記のようなメリットがあるからです。中でも、塗料の飛散が少ないので塗料の無駄も少なく価格も最低限に抑えることができます。最近では、サイディングへの多彩仕上げの工法(WBアートSi)なども出てきて、ローラー塗装でも個性的なデザインを表現できるようになりました。


吹き付け塗装の特徴

特殊な機械を使って塗料を霧状にして吹き付ける方法です。

広い面積を短時間で塗装したい場合にオススメです。


メリット

・工期が短く済む

・模様付けや細かい凹凸にも対応できる(リシン吹きやスタッコ吹き付けなど)

・塗膜の品質を均一にできる

デメリット

・塗料の無駄が出てしまう(使用する塗料が多い)

・においや塗料がまわりに飛んでしまう(住宅密集地や車などが近くにある場合は注意)

・養生を厳重にする必要がある


吹き付け塗装の最大のメリットは、意匠性(いしょうせい)に優れた仕上がりを表現できる点にあります。特に細かい石を散りばめたような仕上げ(石材調模様仕上げ・スタッコ仕上げ・リシン仕上げなど)はローラー塗装では表現することはできません。

また、塗料の乾燥も早いので全体的に工期も短くすみますので、価格も安く抑えることができるというメリットがあります。塗料によっては吹き付け塗装でしか塗装できないものもあり、吹き付け塗装を選択される方は経済的な観点よりも意匠性、デザイン性を重視している方が多い印象です。

一方で吹き付け塗装では、どうしても塗料が飛散してしまうので、風などの影響で近隣へ飛び散る可能性があり、思わぬ近隣トラブルへと発展することもあります。また、吹き付け塗装ではスプレーガンの握りで量を調節する為、塗りムラが起こる可能性が非常に高くなります。吹き付け塗装を検討される方は職人のスキルも併せて確認しておくことをおすすめします。