初めての塗装は地域に密着した会社おを選ぼう。

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。


塗装の相談が増えるこの季節。

家の塗装は約10年~15年が塗り替え時期と言われています。

何度も何度もある工事ではないので、この工事を受注するために

多くの塗装会社がこの季節を逃がさんと営業活動を行っています。


初めての塗装をする時は、

何がよくて何が良くないのかわからないと思います。

なので今回は施工会社を探す上で大事にしてもらいたい事をご説明させて頂きます。


【地域での施工実績が豊富な会社を選ぼう】

地元の塗装会社を選ぶ一番の理由は、

「安全・安心な塗装工事をしてもらうため」です。

塗装工事は、ローラーとハケ、ペンキがあれば、自動車で日本中どこでも行けます。現場を次から次に様々な地域を回っている会社や職人もいるくらい、

人と道具があれば何とかなるのが塗装という仕事です。

こうした事が原因で「品質不良で悪評が回る」事も少なくありません。

こうした業者はその地域に留まらず、

新しい現場がある地域に行って施工をします。

そしてまた別の現場に行く。この繰り返しにより、お客さんが業者に連絡をしても、連絡がつかず、誰が塗装をしたのか分からない。どんな塗装をしたのかもわからないため対応に手間がかかったりやろうとする業者も少なく、お客様は泣き寝入りするしかありません。


こうならないためにも地元での施工実績が豊富な「地元密着の塗装会社」に頼むのが安全です。

何かあったらすぐに現場へ行ってくれるのかどうか?

少しでも不安な事があったら親身に話を聞いてくれるのかどうか?

どんなにホームページで良い事が書いてあっても、安かったとしても、実際には施工者やお客様の目が届かない場面では、考えたくありませんが「手抜き」をする業者がまだまだいるのも事実です。


私達ハウスケア静岡は静岡市を中心に多くの施工を行ってきました。

そして、私及川がほとんどの物件をこの目で見て、お見積りを出させて頂いています。

当社のHPにも事例を掲載させて頂いておりますが、

ご覧頂いた中で気になる事例がありましたらご相談下さい。

私が塗装のきっかけから全てお話させて頂きます。