チョーキング現象について

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

本日は「チョーキング現象」についてご紹介をさせて頂きます。


「チョーキング現象って、聞いたことはあるけど、何が発生しているのかわからない」

「チョーキング現象が起こると、必ず塗り替えをしなきゃいけないの?」

など、お客様とお話をしていると不安に思われる方も多いです。

外壁塗装の劣化で発生するチョーキング現象。

この、チョーキング現象はそのまま放っておくと様々な問題に繋がります。


●チョーキング現象とは

チョーキング現象とは「白亜化現象」とも言われ、外壁塗装が劣化することによって生じる現象で、指などで外壁に触れた際に白い粉のようなものが付着します。

白い粉の正体は、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装表面に現れたものです。


●なぜチョーキング現象は起こるのか

チョーキング現象が起こる主な原因のひとつは、「経年劣化」です。

強い日差しを長時間浴びることや雨に打たれることで、

時間の経過に伴い、外壁が劣化しています。

また、施工不良によるチョーキング現象もあります。

代表例としては、

・塗料が十分に混ざっていなかった

・高圧洗浄での作業や塗装作業の際に手順を誤った

・環境に合っていない塗料で塗装工事を行ったなどです。

使用した外壁塗料の耐用年数よりも大幅に塗装膜の劣化が早い場合は、施工不良の可能性を疑ってください。


●放っておくとどのような問題が

外壁の防水機能が低下している状態ですので、チョーキング現象をそのまま放っておくと、外壁からの雨漏りに繋がったり、外壁内部の劣化が進行したり、と様々な問題が発生していまいます。


●チョーキング現象を見つけたら・・・

雨漏りや外壁のさらなる劣化を防ぐためにも、チョーキング現象が発覚したときに、塗り替えを検討しましょう。

また、小さいお子さんが、手に付着した白い粉のようなものを舐めてしまうことも考えられるので、小さいお子さんには、外壁に触れないよう呼びかけておきましょう。


●チョーキング現象かな?と思ったら下記でセルフチェック!

【外壁を触った時に粉がつくかをチェック】

チョーキング現象が起きている外壁は、触った時に白い粉がつきます。太陽がよく当たる外壁を指でなぞってみて、白い粉がつくなら塗膜表面に劣化が起きていると判断できます。指に白い粉がつくだけでなく、外壁自体が退色していたり、粉状のものが飛んでいたりしたら著しく劣化が進んでいる証拠です。

モルタル外壁や窯業(ようぎょう)サイディング外壁などは、劣化した際にチョーキング現象が起こりやすい素材のため状態を把握しやすいですが、外壁の種類によってはチョーキングが起きないものもあります。また、塗膜表面の色によって、白い粉ではなく、茶色や黒色の粉がつく場合もあるので、判断しにくい場合は専門の業者に調べてもらいましょう。

【水に濡れた時の外壁の変色をチェック】

劣化した外壁は防水性が低下しているため、水に濡れた時に変色します。雨が降った後や、水をかけた際に変色が確認できたらチョーキングが起きているといえます。外壁の防水効果がなくなってしまうと雨漏りが起こる原因にもなるので早めの対策をとりましょう。


さらなる外壁の劣化を防ぐために、チョーキング現象などの現象を発見した場合は、塗り替えを行っておくと安心です。適切で迅速なメンテナンスでさらなる劣化を防ぎましょう。