梅雨時期の塗装について

 

こんにちはハウスケア静岡の及川です。

梅雨に入り、連日も雨が続いています。

毎年、このくらいの時期になるとお客様から、

「梅雨の時期でも塗装工事ができるの?」というご相談を頂きます。


当然、梅雨の時期や雨降りの日でも、内容によっては工事を進めることが可能ですが、以下の点に注意をして頂きたいです。


一般的に塗料メーカーの出している塗装の基準では

湿度:85%未満

気温:5℃以上

天候:晴れまたは曇り

の環境下であれば塗装が可能とされていますが、

雨降りや湿度が高い日に塗装をしてしまうと、

塗料が雨で流れたり、すぐに塗装が剥がれてしまう危険性があります。


特に雨が降ると湿度もあがり、

空気中の湿気が塗料の硬化を阻害し、塗料が固まりにくかったり、

その後の施工不良などの可能性があります。

他にも、

・塗膜剥離やひび割れなどの劣化が起こる可能性がある

・塗料に雨が落ち、まだらな仕上がりになる

・光沢が低下する

といった問題が考えられます。


しかし、雨の日になると全ての工事工程が

できなくなるわけではありません。

雨の日でも

・足場の組み立て

・塗装しない部分をナイロンでかぶせる養生作業

・塗装前の壁を洗い流す高圧洗浄

・塗装後、養生を剥がす作業

・その他掃除などの片付け

など、「塗る」以外の作業はする事ができますので、

状況を見ながら工程を進める事ができるのでご安心下さい。


また、梅雨の時期は人気がないため、工事が落ち着きます。

業者のアポも取りやすく、

じっくり話をきくことができる時期です。

外壁塗装は決してやすいものではありません。

ですが、塗装は大切なお家を守るためのものです。

当然、失敗はしたくないですよね。

なのでこうした時期だからこそじっくり腰を据えて

話を聞いたり、相見積もりを取るなど、

いくつかの業者を比較することが非常に大切です。


ぜひ後悔のない塗替えをご実施下さい。