塗装の色選びについて

こんにちはハウスケア静岡の及川です。

外壁塗装を検討しているお客様の多くが、

「新しい色にしたいけどどのような色を選べば良いのかわからない」と

悩んでいる事かと思います。

今回は外壁に色を選ぶ際のポイントについてご紹介します。


外壁塗装における失敗の中でも、色選びによる失敗はよくお聞きします。

よくある例として、以下の2つをご紹介します。


①完成後の色がイメージと違う

これは、色選びの際に特に多い失敗です。

失敗したと感じた方の多くが、仕上がった家を見た際に思ったよりも色が濃い、反対に薄い、明るい、暗いなどの印象を感じるようです。


➁配色が合わなかった

2色以上を合わせて塗装する際は、その色の組み合わせや塗装部分の組み合わせが非常に難しいです。

そのため、2色以上使いたいという方はよくある配色パターンやカラーコーディネートをあらかじめ見ておくと良いでしょう。


では、色選びの際はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

色選びの際に重要な知識を5つご紹介します。


①面積効果。

面積効果とは、同じ色であってもその面積によって色の明るさが異なって見えることです。

そのため、カタログで見た色と実際に塗装された色には明るさの違いがあることを覚えておきましょう。


➁色の数。

3色以上使った家はテーマパークのような華やかさはありますが、一般的な住宅には不向きです。選ぶ色は多くても2つにしましょう。


➂塗装できない箇所との相性を考える

外壁には塗装部分のほかに、屋根や窓のサッシなどがあります。

これらの色は変えられないため、塗装部分の色はこれらの色との相性を考えることも非常に重要です。


④近隣の街並みとの相性

ご自身が良いと思っている色が近隣の景観を損ねてしまうことがあります。

そのことで、近隣の方から変な印象を持たれてしまう可能性もあるため、周囲に合わせた色選びをすることが重要です。


⑤艶による違い。

塗料は艶の有無によっても印象は大きく変化します。

具体的には、艶がある場合は色が明るく見え、艶がない場合は落ち着いた色に見えます。


本日は外壁塗装における色選びのポイントについてご紹介しました。

ハウスケア静岡では、カラーシミュレーションにより色のイメージ可視化のお手伝いも可能です。ぜひお気軽にお問合せ下さい。