春以外の塗装について

こんにちは、ハウスケア静岡の及川です。

前回までの記事で「春の塗装」についてお話させて頂きました。

今回は「春以外の塗装」についてご紹介致します。


【春以外の季節に外壁塗装をするとどうなるの?】

結論から言えば、外壁塗装は「湿度85%以上、気温5℃以下」「降雪・降雨」のとき以外は問題なく行なえます。そのため基本的には愛知県に関しては「塗装ができない季節」というものはありません。ただ、気温が5℃以下になることが多い時期や、雨が長期間降り続ける梅雨時期などは工事が長引く可能性が高くなるので注意が必要です。

以下、各季節のメリット・デメリットを紹介します。


【夏の塗装メリット】

気温が高くなるので、塗料の乾きが早くなる、塗料の伸びが良くなるため、施工がしやすくなる、日照時間が長いので、作業時間が十分に確保できるというようなメリットがあります。

夏は一番気温が高くなり、日も長くなるので、他の季節よりも工期を短く済ませることができる場合もあります。


【夏の塗装デメリット】

一方、夏は湿度がとても高くなります。塗料は湿度が高いと塗料が乾燥しきらない場合もあるので、注意が必要になります。また、夏場の作業は高温との戦いとなるため、職人さんの体調管理に気を付ける必要もあります。さらに現場養生によって、お施主様のおうちの窓や室外機が塞がれてしまうため、熱中症に要注意です!


加えて、お盆休みなどに当たることもあり、工期が予想よりも長くかかってしまうといったこともあります。そして夏は先に述べたようにゲリラ豪雨、夕立など突然の雨や天候の変化があります。そういった点も考慮する必要があります。


【秋の塗装メリット】

次に秋です。秋は春と同様に気温が安定するため塗装工事にはとても良い季節になります。湿度も気温も安定し施工もやりやすい季節です。スケジュールも立てやすいというメリットもあります。


【秋の塗装デメリット】

秋と言えば、ここ数年台風が多く発生する季節です。大型の台風が接近、直撃することもあり、塗装工事が予定より大幅に遅れてしまうこともあります。


また、場合によっては強風により足場が崩れるリスク危険性もあるため、足場に張られた飛散防止シートを撤去し、台風通過後に張り直すということも。


そうは言っても、台風にさえ当たらなければ、塗装工事をするにはとても良い季節ですので、秋に工事が行えるように夏の後半ごろから業者探しをすることをおすすめします


【冬の塗装メリット】

冬は一年を通してもっとも雨が少なく湿度も低いため、塗料の壁面への密着度が上がり施工がしやすくなります。夏場と比べて窓や室外機が養生で覆われても、暑さをしのぐに対して衣類を着込むなどして寒さ対策ができるため、比較的過ごしやすいといった点もあります。


【冬の塗装デメリット】

やはり冬は温度が下がるため、塗料が乾きにくくなります。加えて日照時間が短くなるので、施工できる時間もやや短くなり工期が思いのほか掛かってしまうことも。


さらに施工を行う職人さんたちも寒さの中作業を行うため、手足がかじかんだりし、思わぬミスなどが起こるリスクが高まります。加えて、現場や足場が凍結したりすることもあり、普段よりも工事中での注意が必要とされることもあります。


いかがでしたでしょうか。塗装は条件さえ守っておけば1年中施工が可能です。

しかし、しっかりと自分達の生活にあった時期を選ぶ事と、安心して工事を任せられる業者選びが非常に大切です。

ぜひ快適な塗装工事をするためにもしっかりとご検討下さい。