足場の重要性とは?

 

こんにちはハウスケア静岡の及川です。

外壁塗装で必ず登場する設備といえば、建物の周りに組む「足場」です。

足場代は外壁塗装の数割を占めますが、安全に作業を行うためには決して省くことはできません。


外壁塗装の工事で足場を組む目的は、大きく分けて2つあります。


まず一つ目の目的は、塗装作業の効率を上げることです。

外壁塗装は高所での作業を含むので、足場がないと安定した作業環境を確保できません。

作業環境が不安定だと、どうしても塗装に集中することができません。

落下を防ぐことに意識が集中してしまうため、塗りムラや塗り残しの原因となってしまうのです。


二つ目の目的は、職人さんの安全性を高めることです。

普通の一軒家の外壁塗装工事なら、はしごでも対応できそうですが、それでは職人さんが落下する危険が大幅に増します。


もし自分の家の塗装中に職人さんが落下して命を落としでもしたら、申し訳なくてやりきれない気持ちになりますよね。

そんな事態になることを防ぐためにも、足場は大いに活躍してくれます。


あなたの家の外壁塗装の品質を高めるため、そして大切な命を守るために、塗装工事の足場は確実に必要なものといえます。


足場なしで作業はできないの?

足場を組むにも結構なお金がかかりますね。

そこで考えてしまうのが、足場なしで塗装作業できないかということです。

足場を組まずに塗装工事ができるなら、足場代を丸々節約できますからね。


結論から言うと、今の時代足場なしの外壁塗装工事はありえません。

まず、職人さんの安全が確保されませんからね。

働く人の安全を犠牲にすることなど、今の時代コンプライアンス的にもありえません。

それに足場がないせいで職人さんが落下する事態になれば、訴えられて多額の賠償金が必要になる可能性もあります。


それから、足場を組まずペンキを飛散させるなどの事故を起こした場合、工事保険は適用されません。

もしもの事故が起きても保険で対応できるよう、足場は組むものなのですね。


「足場なしで」などとごねても、塗装工事を断られるだけです。

外壁塗装に足場は必須と考え、安全に作業できる環境で工事してもらうようにしましょう。


狭い場所でも足場は組める?

住宅密集地など、隣の家との距離が近い場合は足場を組むのが難しそうです。

実際、どのくらいの隙間があれば、足場を組むことができるのでしょう。


まず、人が通れるギリギリのスペースがあるなら、空中越境という方法が使えます。空中越境とは、敷地面積いっぱいに柱を立て、お隣の空中スペースを借りる方法です。

お隣の敷地自体には足場を組まないので、そこまで迷惑をかける方法ではないと言えます。


それから、人も入れないようなスペースの場合は、隣の敷地を少し貸してもらう必要があります。

一応、法律的に貸してもらうことはできますので、事前に話をつけておく必要があります。


いずれにせよ、隣の方にご迷惑をかけることになるので、きちんと挨拶することが不可欠です。

どちらの家にも外壁塗装は必要なので、気持ちよく貸してもらうためにも、普段から関係性を良くしておくことも大切ですね。