塗装の最適なシーズンとは?

 

こんにちは。ハウスケア静岡の及川です。

外壁塗装を施工業者に依頼するにあたって、

塗装する季節を気にするお客様は多くいらっしゃいます。

例えば、梅雨のような雨が多く降る時期や雪が降る冬場などは塗装工事を受注してもらえないのではないかと考えている人も多くいるのではないでしょうか。

基本的に年中いつでも塗装工事を依頼する事は可能です。しかし、塗装工事に好ましいシーズンと好ましくないシーズンがあるのは事実です。


絶対にできない季節がある訳ではありませんが、どうしても塗装工事を行えない条件がいくつかあるので、予め把握しておくと安心です。

施工業者によって、その判断は若干異なるかもしれませんが、一般的に言われているのは次の5つの条件いずれかを満たしているシーズンは塗装に好ましくないと言われています。

「気温が5度以下」、「湿度85%以上」、「雨や雪が降っている」、「霜が降りている」、「外壁面が結露している」、「屋根面に水滴が付いている」‥こういった状態のいずれかが当てはまると、その日の塗装工事をする事ができません。

この状況で塗装工事を行っても塗料がなかなか乾燥しなかったり、乾燥しても塗装がしっかり密着しなかったり、塗膜に不具合が生じたりする為です。

また、雨や雪が降っている場合、塗装した塗料そのものが流されてしまう恐れもあります。


こういった塗装条件があるので、梅雨時や冬場は工事ができないと思っている人もいるのでしょう。

しかし、梅雨時期でも雨が降っていない場合、冬でも雨や雪が降っていなければ作業する事はできます。使用する塗料によっては、他にも塗装不可の条件が設けられている場合もありますので、

施工条件については、材料カタログや塗料缶ラベルなどにも掲載されていますので、予め確認する様にしましょう。


次に、春、夏、秋、冬、季節ごとの外壁塗装をするメリットとデメリットを分かりやすくお伝えします。

まず、3月から5月にかけての春先は、天候が年間の中で比較的穏やかで安定しています。

このため、外壁塗装もスムーズに進められる可能性が高いです。

屋外の気候も暖かくなってきますから、職人さんも作業しやすいシーズンです。

しかし、春先だからといって油断ができません。『春の長雨』と呼ばれる時期もあります。

こういった時期にあたってしまうと、工期が中止続きで延びてしまう可能性があります。


次に6月から7月にかけての梅雨や7月から8月の夏場に塗装工事を行う場合は、雨が続くと工事期間が延びてしまう恐れがあります。

しかし、空梅雨で雨があまり降らなければ、気温も高くなるので、塗料の乾燥は他のシーズンに比べて早くなります。

ですから、雨の影響がなければ順調に外壁塗装の工事が進められる可能性が高いです。

ただし、梅雨時や夏場で、気を付けておきたい事は、サッシをビニール養生する事で、室内の気温が著しく上昇してしまう点です。 室内の換気が十分行う事ができず、室内の気温が上昇する場合は、エアコンをつけて、室内の気温調整や換気に気を配る必要があります。


秋の塗装工事は、気候の基本的な条件は、春先と一緒で、湿度も低く、塗装工事の作業も進みやすいです。

しかし、近年8月後半あたりから10月中旬にかけては、ゲリラ豪雨や台風が多く発生します。

こういった台風が直撃するような場合には、数日間にわたって工事がストップしてしまいますので、秋雨前線の影響と併せて天候には注視した上で塗装工事の依頼を検討すると良いかと思います。


最後に冬場の場合です。作業できる期間にあまり余裕がない方は必見です。

冬は日照時間が春から秋に比べて、大分短くなります。

また、気温が5℃を下回ってしまうと、塗装作業もできなくなってしまいます。

ですから、標高の高い山間部や北国など、気温がなかなか上がらない地域にお住まいの方は注意する必要があります。

ただし、平野部にお住いのお客様は、冬晴れの続くタイミングで外壁塗装を依頼すれば、湿度も低い為、塗料も乾燥しやすいかもしれません。


各シーズンごとのメリット・デメリットを理解した上で、

施工業者様と相談し、素晴らしい塗り替えを行って下さい!