塗装・防水工事

塗装工事のタイミング

ひび割れる
外壁や屋根の塗膜の表面に無数のひび割れが発生しはじめたら黄色信号。この時点で塗り替えを行なえば、家の躯体にあたえるダメージを最小限に抑えることができます。
カビ・コケが発生
カビやコケなどが外壁や屋根に付着しているということは、塗膜が持つ防水効果が切れて水はけが悪くなっているということです。進行するとひび割れなどから水が室内に侵入することがあります。
膨れる・剥がれる
塗膜が膨れていたり、剥がれたりしている場合はかなり危険。ほとんど外的環境に対して無防備状態ですので、家の躯体にダメージを与えてしまっています。早急な塗り替えをオススメしています。
チョーキング現象が起こる
塗膜に触れたとき、触れた部分に白い粉のようなものが付着することをチョーキング現象と呼びます。塗膜が劣化していることが原因ですので、塗り替えのことを意識しましょう。
錆びる
トタンなどを使った金属外壁や屋根にとって、錆びは非常に危険です。錆びの根は深く、建材に穴を開けてしまいますので張り替えや葺き替えをしなければならないケースがあります。
亀裂が入る
塗膜の劣化を放置することで外壁や屋根にダメージを与えてしまい、亀裂が発生します。その透き間から水が浸入し、内部にもダメージを与えてしまいますので、早急な対応をオススメします。

塗装工事メニュー

外壁塗装
静岡県内の外壁塗装工事なら、ハウスケア静岡にお任せください。外壁塗装は住まいの美観を保つ機能もありますが、その本質は紫外線・風雨・酸性雨などから外壁材を守ることが目的です。外壁塗装の劣化を放置すると外壁材にダメージを与えてしまい、雨漏りなどが発生してしまうことも…。そうなると多額の改修費用がかかってしまいますので、そうなる前に定期的な点検とメンテナンスを行なうことをオススメしています。
屋根塗装
住まいの頭を飾る屋根は、紫外線や風雨、酸性雨などの影響で劣化が早い場所です。しかし、普段の生活のなかで屋根のうえを見ることは少なく、塗膜の劣化などが察知できず、雨漏りが発生してはじめて異常に気付くといったケースが多いです。静岡のハウスケア静岡は、定期的な点検から屋根塗装工事まで柔軟に対応しておりますので、何でもお気軽にご相談ください。もちろん、ご相談は無料ですので安心してお問い合わせください。
内装塗装
色にはイメージがあり、それを内装に取り入れることでさまざまな効果を得られます。彩度の低い色を使って、落ち着く空間を演出したり、鮮やかな色を使って気分を盛り上げることができるのも内装塗装の面白いところ。壁の塗装や木部の塗装など、内装塗装のことなら静岡のハウスケア静岡にお任せください。お客様のご要望に沿った塗料を選定し、お客様の生活空間を彩ります。

塗装工事の流れ

お問い合わせ
静岡県内で塗装工事のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、ハウスケア静岡にご相談ください。お問い合わせフォームや電話にていつでも受け付けています。
現地調査
施工予定現場にて現地調査を行ないます。建物の状態を正確に把握し、施工面積や立地条件などのデータを詳しく調査いたします。
お打ち合わせ
使用する塗料の種類、カラーの選定やご予算などのご要望をヒアリングするお打合せを行ないます。使用する塗料やカラーが決まりましたら、お見積りを作成いたします。
お見積もり提出
施工面積や使用する塗料のカラーなどを踏まえ、お見積り書を作成し、お客様にご提出させていただきます。
ご契約
施工プランやお見積り内容に問題がなければご契約となります。質問や疑問があれば何でもお気軽にご相談ください。
工事開始
着工前に、近隣にお住まいの方々に工事の旨を伝えるとともに挨拶まわりを行ないます。その後、施工内容に基づき丁寧な作業を持って塗装工事を行ないます。
工事終了(完了検査)
すべての工程が終了したら完了検査を行います。施工場所をお客様にご確認していただき、OKをいただけましたら工事完了です。
アフターフォロー
施工後の不備などがあれば早急にお知らせください。また、定期的なメンテナンスなども承っておりますので、何でも気軽にお問い合わせください。

塗料について

塗料の移り変わり
日本では木材を保護し、美しい見た目を得られる漆などが古来より使われてきましたが、明治時代のはじめごろ、イギリスよりいわゆる「ペンキ」が輸入され爆発的に普及しました。戦後の石油化学技術の発展に伴い、より高い耐久性を持ち機能性を持つ塗料が続々と登場し、現在では防カビ・防菌・遮熱効果などがあるものも登場しています。
塗料の成分
塗料は防水などの保護機能を持つ「合成樹脂」、塗料に色を付ける「顔料」、塗料の成分が塗料内で均一になるようにしたり定着率を上げたりする「添加剤」などの成分から成り立っています。現代ではこの「合成樹脂」「顔料」「添加剤」のそれぞれが進化を遂げ、遮熱・防菌・防カビ・防汚などさまざまな機能を持った塗料の生産が可能となりました。
塗料の種類
現在、建物に使用されている塗料はアクリル樹脂塗料(耐久年数5~6年)、ウレタン樹脂塗料(耐久年数8~11年)、シリコン樹脂塗料(10年~16年)、フッ素樹脂塗料(15年~20年)の4つです。耐久年数があがるにつれて値段も高くなりますが、安価な塗料で何度も塗り替えるよりも耐久年数の高い塗料を使った方がコストパフォーマンスがいいということもありますので、塗装工事を行なう建物をどれぐらい使うかなど、場所に合わせたプランニングを行なうことが大切です。
塗料の課題
石油化学技術の発展により高耐久で高機能、色鮮やかなカラーバリエーションを持つようになった合成樹脂塗料ですが、その代償として地球温暖化やシックハウス症候群、化学物質過敏症などの弊害も発生しています。今後は、地球環境や体に優しい塗料をつくることができるかが塗料の持つ可能性を1ステージアップさせることに繋がります。

防水工事は何故必要?

防水工事は何故必要?

建物にダメージを与えるものと言えば「地震」や「火事」などの災害だと思われがちですが、意外にも私たちの身近にある「水」の方が着実に建物を蝕む天敵なんです。
防水工事には建材や塗膜を水などの外的環境から守る働きがあり、防水層を形成することで建物をより長く使い続けることが可能です。防水工事のことならハウスケア静岡にお任せください。塗装工事と合わせて現場ごとに最適な防水工法を選定し、責任を持って施工させていただきます。

防水工事のタイミング(屋上・ベランダなど)

雨漏りしている
雨漏りは建物の躯体にダメージを与えてしまい、建物の寿命が縮んでしまったり、資産価値が低下してしまいます。
防水層が膨れている
気温が変化することにより、防水層の下に発生した結露が蒸発を繰り返すことによって段々膨れとして現れはじめます。
水たまりがある
水たまりの発生は排水機能が失われています。一箇所に水が長期間とどまることで、その部分の劣化がさらに進みます。
排水口にゴミが詰まり水が流れにくい
排水口にうまく水が流れない場合は、内部にゴミがが詰まっていることがありますので除去作業を行ないましょう。
コンクリートにひび割れがある
コンクリートのひび割れ、亀裂が発生したら危険信号です。透き間から水が浸入し雨漏りとなって現れます。
目地にひびが入っている
建材連結部などの透き間に使う目地は、建材と劣化のサイクルが異なりますので、定期的に点検しましょう。

アパート・マンションの塗り替えによる入居率アップのご提案

アパート・マンションの塗り替えによる入居率アップのご提案

所有するアパートやマンションなどの賃貸物件の入居率のことでお困りの方は、ハウスケア静岡にお任せください。弊社は塗装工事を行なうことで、入居率アップを図る提案を得意としております。学生ならオシャレさ、ファミリー層ならオシャレさと快適さ、シニア層なら落ち着く空間にしたいという要望があります。その地域に住む年齢層に応じて、その要望を塗装工事によって満たせば自然と入居率はアップします。さらに、年度によって異なりますが塗り替えには補助金がでることもありますので、詳しくはハウスケア静岡にお任せください。

入居率が回復しない賃貸住宅の環境

安易な値下げによる悪循環

安易な値下げによる悪循環
空室を埋めるための手段として家賃の値下げがありますが、値下げをすると周辺の物件もその価格帯に合わせて追従します。
家賃が安いことを売りする場合、一時的に満室になったとしても、次回の募集の際には周辺の物件と同じ価格帯のため、また値下げをしなければならず…といった悪循環に陥る可能性があります。

時代の流れについていけていない

時代の流れについていけていない
十数年前に新築で建てた最新設備を備えたデザイン性の高い若者向け賃貸物件も、今の若者にとっては見向きもされません。
時代のニーズに気付かずにそのまま若者に向けてアピールをしていても、効果は出ずに空室に悩むことになります。

家賃の値下げの前にできることを

家賃の値下げの前にできることを
安易に家賃を値下げしてしまうと入居率低下の悪循環に陥ってしまいますので、水まわりリフォーム、内装リフォーム、外装リフォームなどを施し、時代のニーズに合った物件にリフォームすることで家賃を下げなくても入居率の改善に繋がります。

自社施工だから提供できる価格があります

自社施工だから提供できる価格があります