ブログ

静岡市清水区 外壁塗装工事(クラックVカット下地処理)

今回は、重要な下地処理の紹介をさせていただきます。

築年数から2,30年も経過するといたる箇所にクラック(ひび割れ)が入ります。このクラックが以外に厄介で、表面上は細いひび割れでも、実は建物の奥まで続いていて、内部に雨が侵入しているケースもあります。

そういうときには、機械でVカットをして、クラックにコーキングを充填してあげます。

グラインダーという機械でカットしていきます。

そこにプライマーを塗り、コーキングを打っていきます。

こんな感じで埋めて行きます。ここからの雨漏りの心配はなくなって一安心ですね。

株式会社ハウスケア静岡では下地処理もしっかりとやっていきますので、是非お任せ下さい。